麺料理を失敗する原因

料理

こんにちは。現在5歳女の子と2歳男の子を育て中の30代半ば主婦です。

子育て中の母ですが、私は料理が得意ではありません。不器用で段取りが悪いため、特に複数の料理を同時並行するとほぼ間違いなくどれかを失敗します。

そんな私が、先日立て続けにうどん、パスタとなんだかベタベタしてとても食べられないものを作ってしまいました…(学生時代は素麺も焦がしたこと有り)。麺類は特に段取り・手際の良さが求められるので避けていたのですが(夫は得意なため任せきりだった)、久々にチャレンジしてみようと思ったのです。無謀でした。そんな私のような麺苦手さんの参考になればと、以下失敗の状況と考えられる原因を記載してみました。(そんな人いない?)

うどん(生麺)

ベタベタでコシなしに!

考えうる原因:「水の量が1/4(一人分の水量に4人前のうどんを入れた)」だった。

状況:麺を茹でた時、表面についている粉類がお湯に溶けきれなかったようで、湯がドロドロに。規定時間加熱後、水洗はしっかりし、具入り汁(カツオ出汁ベース)に投入したが、麺のベタベタ取れず。

汁ごと追加で煮込んだが、相変わらず麺はベタベタ、汁もベタつきだし、コシも無くなりデロデロに。合掌…

つまり:うどん表面の粉はたっぷりのお湯でしっかり除去しないと、その後の水洗では取れず(汁にもあんまり溶けない、醤油とか混ざってるから?)、つるっとした喉ごしの麺にはならない。

その為には、お湯の量・お湯の温度・対流できているか、がポイントのようでうす。お湯の量が少ないと対流も出来ないし、本当に大事なところですね(経験者は語る)。

パスタ(乾麺)

ベタベタでモチモチ感ゼロに!

考えうる原因:

・レンチン(レンジでチン!)でパスタを茹でるポリ容器を使用、「蓋を開ける」と表示があったのに閉めてレンチンしてしまった。

・レンチン中パスタをかき混ぜなかった。

・塩を入れるのを忘れた。

状況:パスタ量に対して規定水量・規定時間レンチン後、パスタの茹で上がり硬さを確かめず具(鶏胸肉、小松菜のオリーブオイル炒め)の中に投入。味見すると、あれ?パスタがベタベタするし、芯が硬いのもある。表面に何か付いてる?パスタ粉⁉︎と除去を試み再度レンチン容器に入れ4分ほど(先ほどの半分の時間)レンチンするも、ベタベタとれず。芯は硬くなくなったが、モチモチ感も無し。

つまり:

蓋を閉めてレンチンしたことで、内圧が上がり規定時間より茹ですぎになり、麺のデンプン質が表面に溶け出した?(パスタは乾麺で打ち粉は無かったし、溶け出したとしか考えられない)

また、かき混ぜなかったことにより(かき混ぜる表示は無かったけれど)、くっついてしまって一部水分が内部まで行き届かず(乾麺だし)、芯が残ってしまった?

塩はパスタのベタベタには影響してないと思うけれど、もしかしたらデンプン質の流出を防ぐ役目もあるのかも。

ネットで調べたり、パスタのレシピ本を2~3冊、料理の基本の本を2~3冊読んでみたものの、私のような状況でパスタをベタベタにさせたツワモノはおらず、原因もあくまで推測です。

また、レンチン容器についてですが、鍋で湯がく場合と異なり、初めから中にも熱が入ってしまう為、アルデンテにならないとの記載もネットで見かけました。なるほど!(私はアルデンテがどーのこーの言えるレベルでは無いですが。)

次回からは、やっぱりパスタも鍋で温度・量に気をつけ、熱が均一に通るように対流させようと思います。

以上、こんな私の失敗話にお付き合いくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました