子供のむし歯経過について

はじめに

こんにちは。現在5歳女の子と2歳男の子を育て中の30代半ば主婦です。

以前「子供のむし歯の原因と予防法について」という記事にも記載した歯科受診後、3ヶ月後の子供達の歯科検診に先日行ってきました。

結果、長女(5歳)のむし歯は以前の1点は現状維持でしたが新たにむし歯が2箇所奥歯下にそれぞれ発生し(現在計3本)、長男(2歳)は前歯の間に1箇所むし歯が出来かかっているとのことでした…。

目次

むし歯が増えてしまった原因について

前回記載した通り、むし歯予防について以下を実践していました。

食生活について>(子どものむし歯予防は食生活がすべて 4人の子どもに歯を磨かせなかった歯科医の話」を参考)

1. おやつは時間を決める

保育園では時間が決まっているため平日はOK。土日は2~4時の間にタイミングが合えば食べている。

2. 夕食前の1時間は飲食しない

3. 甘い飲み物を冷蔵庫に買い置きしない

そして、砂糖の入った飲料は通常家族全員飲んでいない。

4. ハレの日(祖父母の家に遊びに行く、誕生日、お祭り等)にはどんな菓子も可とする

歯磨きについて

寝る前:歯ブラシ+歯間ブラシで食べ残しをしっかり除去

起床後:朝食前に歯ブラシ(バイオフィルムの除去、病気予防も兼ねている)

2歳の長男については起床後の歯ブラシは出来たり出来なかったりでしたが、長女に至っては食生活1~3+歯磨きは徹底していました。本人が自ら進んで。でもやっぱり、食生活4(たまのお菓子はOK)が曖昧だったのでしょうか…。ゴールデンウイーク中、祖父母のお家でもおやつの時間以外は食べさせないように気をつけてはいたのですが。

今後気をつけること

日常的に気を付けることは、子供達にストレスをあまり与えない範囲ではやっているので、子供達の歯の質を疑いましたが、触診の感じでは特に悪くはないようでした(むし歯になりやすいらしい歯が柔らかい子は探針で分かるそうです)。

前回記載した唾液の質・量については分かりませんが、引き続きTVを見ながら食事を摂らないことを続けたいと思います(TVを見ながら食事すると、身体が緊張して唾液の分泌量が減少するそうです)。

また、歯磨きについては、おやつに砂糖(単分子の糖質)を摂取した際は、歯磨きを追加で行うことで様子をみてみようと子供と約束しました。

本当はシュガーカットまで行った方がむし歯予防としては確実ですが、子供にそこまで我慢を強いるのもストレスになりますし、まずはこの改善がどの程度効果があるのか経過をみていきたいと思います。

おわりに

娘はむし歯が増えたことにショックを受け、もうお菓子食べない〜!と泣いていましたが、歯科医さんに「大丈夫だよ、この前のむし歯は大きなってないし、新しいむし歯も大きくならないように様子をみていこうね」と励まされ落ち着いたようです。

また、私にも「親のむし歯への関心が高い家庭は、それだけで大丈夫だと思っています」とお声がけ頂き、子供達にむし歯を作らせてしまった罪悪感が和らぎました。私は自分のこれまでむし歯だらけ人生のこともあってむし歯に過敏になっていましたが、うまく共存していく道もあるんだなあ、とここ最近は感じております。

そして子供達だけでなく、私も歯周病ぽい箇所があったり、夫も歯が割れたところが炎症していたりと口内トラブルは尽きません。その件については、またどこかで記載したいと思います。

以上です、お付き合い頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました